26

 

f:id:i-mitsuko:20170825005643p:image

 

 

今日で26歳が終わる。


8月25日、ヤツコの日に
27歳になります。


どんな1年だったか振り返る。

 

 

すごくよく覚えてるのは、
去る2月3日に、
RADWIMPS週刊少年ジャンプって曲を
イヤホンで大音量で聴いてたら、
当時の自分が置かれてた状況に
ものすごくガツンとくるものがあって

 


新宿の街のど真ん中で
わけわからない量の涙を流しながら
マフラーに顔埋めて家に帰った覚えがある。笑
完全に不審者だった。

 

 

今の自分に嫌悪して、
本当に自分がやりたいことを
全くできてない現状にも嫌気がさして

 


プライドも何もかも捨てよう!
一度リセットしよう!
勝負しよう!
何かに努力してみよう!
と、2月3日のあの日に決意した。

 


ずーっと言い訳して逃げてきたし
誰に向けてたのかわからない見栄も
何もかも全部手放そう、
自分の人生の主人公は自分じゃん!!

 


と、まさに週刊少年ジャンプ
漫画のセリフのような言葉を心の中に唱えてた。笑

 


今思うとちょっと、いやかなり恥ずかしい。
痛いけど、あの時は至って本気。笑

 


そして、
当時やってた仕事をやめて
部屋の退去届をもらいに管理会社へ行き、
引越しセンターに予約の電話も済ます
というおそるべき行動力を発揮した。笑

 


その1ヶ月後には
3年住んでた家を引き払って、

 

当面の間は貯めてきた少ない貯金を
切り崩しながらほそぼそ生きようと決めた。

 


そしてそこから半年経った現在。


本当に外に出なくなったし
お金も使わなくなったし
人にも会わなくなった。

 

一日に一度も声を
発さないなんてことはざらにあるし、
化粧もコンタクトも全然しなくなった。

 


8月なんて初めて買い物したのが
月の半ばごろで、しかも
テイラーのライブ映像を見るために
Apple Musicに契約する980円だった。笑

 


ただひたすら絵を描きまくって、
苦手だったデジタルで
絵を描くことにも足を踏み入れた。

 


そしたらありがたいことにちょっとずつ
お仕事の依頼もいただくようになった。

 


その間に、
ちょっとこれは本当に
乗り越えられないんじゃないかってほどの
苦しいこともあった。
けどなんとか今日まで過ごしてこれました。

友達や、支えてくれる人たちの温かい応援の言葉があったからこそ。

 


こないだ、4時間ほど並んで
見てもらったよく当たる占い屋さんには

 

「来年はあなたにとって
10年に1度の幸運な年だから、
仕事を思いきり頑張りなさい。」
と言われた。

 

他に言われたことがあまりにも
当たりすぎてて、
これは信じるしかないと思うので
チャンスがつかめるように頑張ろうと思った。

 


里親募集してた保護猫ちゃんを見ていたら
この子は私が幸せにしたい!!と
心の底から思ったけど、
今のわたしの経済状況やお家では
飼えなくてすごくすごく悔しかった。

 

だから、
まだ見ぬ未来のわたしの猫ちゃんと
一日でも早く出会えるように、
安心して迎え入れられる環境を整えるために

もっと仕事を頑張ろうと思った。

 


そんな感じの26歳でした。

 

 

というわけで27歳になります。
大人だ〜〜〜。
でもなんか悪くない。
27って響き。

 

自由で、楽しく、強く、輝ける
27歳にしたいな。

 


わたしの誕生日にテイラースウィフトが
3年の沈黙を破り新曲リリースしてくれるという
最高に嬉しいプレゼントももらったので

 

今年は良い一年になる気がする。
ていうか、良い一年にする。

 


感謝の心と謙虚な姿勢は忘れない。

 

でも強くたくましく生きよう、と思うのでした。

 

ミツコ