先輩

 

部屋の整理をしている時に
中学時代、美術部の一つ上の先輩からいただいた
手描きの年賀状を発見した。


中学生でこんなセンス良いのすごくない?と
思わず投げかけたくなるくらい、
とてもおしゃれな絵を描く先輩。

 

今先輩はどんな絵を描いてるんだろう?
絵を描くことを続けているのかな?
と気になりだしたら居ても立ってもいられず、
10年以上前にもらった年賀状の住所に
お手紙を送ってみた。笑

 


正直かなり一か八かだった。
私もこの10年で3回引っ越ししているくらいだし、
環境が変わるには十分すぎる時間。
でもまた先輩と繋がれたらいいなと願って、
手紙にLINEのIDをちゃっかり書いて送る。

 


そして数日後、なんと、きた。


先輩から、LINEが。



もうすっごい嬉しかった、、、!
思い出の中の先輩と変わらず柔らかい物腰で
すごく丁寧な文章でお返事をくれました。
ちょっとジーンとしてしまう。



先輩は今も絵を描いていた。
それがまた度肝を抜かれるほど上手くて、、、



想像の遥か斜め上を行った。
もう兎に角すごかった。
めちゃめちゃおしゃれな絵で、
私は言葉にならない感動を覚えた。

この感動が上手く言葉にできずもどかしいですという思いも本人に伝えた。



センス先輩と呼びたくなるくらい、センス良い。
(このあだ名の私のセンスの無さよ)



先輩は中学生の当時、コピックペンと色鉛筆で
描いていた記憶があるんだけど
今はデジタルをかなり使いこなしていて

連絡取ってなかった十数年の歳月の中で
こんなにパワーアップしている先輩を本気で尊敬した。


そこで私はある決意をするのです。

なんか長くなってしまったので、次の記事に続く。

 

 

 

ミツコ